news

過去のニュースはこちら

幽

幽 最新号
表紙絵=冨安由真
「Family(four members)」
表紙デザイン=祖父江慎
目次デザイン=根本匠(cozfish)

怪談専門誌 幽 30号2018年12月18日発売

特集「平成怪談、総括!」

〈巻頭グラビア〉
  • 冨安由真インスタレーション
    「くりかえしみるゆめ Obsessed With Dreams」より
【復刻】
「牛の首」  小松左京
【日本怪談紀行】
「牛の首」伝承の湖へ――山梨「四尾連湖」探訪記  東雅夫
【怪談巡礼印象記】
比類無き霊場、富士  加門七海
【対談】
綾辻行人×有栖川有栖  怪談でしか書けないこと
【小説競作】平成と怪談
澤村伊智   「鬼のうみたりければ」
黒史郎    「インカーネーション」
恒川光太郎  「平成最後のおとしあな」
【評論】
角川ホラーの怪談  朝宮運河
【対談】
冨安由真×牧野修  虚に浸食される現実 アートと文芸
【座談会】
千街晶之×門賀美央子×朝宮運河  平成の怪談実話展望
【インタビュー】
伊藤潤二  ワンアイデアで勝負
高橋葉介  新たな怪談の芽がある
【対談】
うぐいす祥子(ひよどり祥子)×押切蓮介
  平成デビュー二人が語る怪談漫画
【評論】
平成怪談漫画の三十年
――〈心理学化〉・〈日常化〉・〈ノンフィクション化〉・〈キャラ化〉
  イトウユウ
【座談会】
京極夏彦×宮部みゆき×東雅夫  怪談×絵本のあらたな潮流in平成
【年表構成】
平成怪談文芸年表&『幽』の軌跡  東雅夫
特別企画『夜のリフレーン』刊行記念特集 皆川博子
【掌篇】
皆川博子  「雪」
【鼎談】
日下三蔵×千街晶之×東雅夫  皆川博子作品の魅力をめぐって

連 載

〈怪談小説〉
  • 京極夏彦  『幽』『怪』横断連載 「今昔百鬼拾遺 河童 最終回」
  • 有栖川有栖 「濱地健三郎の事件簿⑩ 姉は何処いずこ
  • 山白朝子  「家政婦」
  • 円城塔/訳  アーネスト・フェノロサ&エズラ・パウンド/著
          「カゲキヨ ほか四篇」
〈怪談実話〉
  • 中山市朗  「怪談狩り」
  • 福澤徹三  「の日常」
  • 小池壮彦  「日本の幽霊事件」
  • 安曇潤平  「山の霊異記」
  • 藤野可織  「私は幽霊を見ない」
〈怪談漫画〉
  • 波津彬子 監修=山内麻衣子 「幻妖能楽集 紅葉狩」
  • 諸星大二郎 「給水塔」
  • 花輪和一  「つくし」
  • 高橋葉介  「妻を捜しています」
  • 押切蓮介  「おののけ! くわいだん部」
  • 岸浩史   「むげん散歩」
〈怪談逍遥〉
  • 南條竹則  「幽的民譚ゴーストリイ・フォークロア

おばけずきフォーラム

〈インタビュー/トーク〉
  • 篠たまき   『人喰観音』インタビュー
  • 怪談実話◆三人時評
〈アカデミー〉
  • 累の「真説」――『死霊解説物語聞書』余録  小二田誠二
  • 非合理への欲望――〈秘境〉から〈オカルト〉へ  大道晴香
〈怪談山海評判記〉
  • 高砂怪談会  貝田和
  • 長野県の山岳怪談  島津豊
  • 怪談夜宴  北川原梓
  • 雑談怪談  春南灯
〈とれたて怪談実話〉
  • 小島水青  「消えた子供たち」
  • 笠原修   「湯の花温泉の恩返し伝承」
  • 沙木とも子 「写真で逢った曾祖母の話」
〈ブックレビュー〉
  • 千街晶之  篠たまき『人喰観音』他
  • 小池啓介  織守きょうや『世界の終わりと始まりの不完全な処遇』他
  • 朝宮運河  東雅夫編・註釈『文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション 影』他
  • 土方正志  南條竹則編訳『英国怪談珠玉集』他
  • 中島晶也  デヴェンドラ・P・ヴァーマ『ゴシックの炎』他
  • 杉江松恋  ジョージ・ソーンダース『リンカーンとさまよえる霊魂たち』他
  • 星野智   ドニ―・アイカー『死に山』他
  • 門賀美央子 伊藤龍平『何かが後をついてくる』他
  • 長山靖生  マーティン・エドワーズ『探偵小説の黄金時代』他
  • 東雲騎人  黒川正剛『魔女・怪物・天変地異』他
  • イトウユウ 木々津克久『開田さんの怪談』他
  • 西山雅子  田中清代『くろいの』他

Mei

mei 最新号
表紙イラスト=祖父江慎

特 集

動物奇談

令丈ヒロ子 はやみねかおる 篠田真由美 藤野恵美 朝倉かすみ 勝山海百合 小島水青

「Mei」連載作品

〈小説〉
  • 椰月美智子「春の記憶」
  • 加門七海 「見せたくないもの」
  • 辻村深月 「ナマハゲと私」
  • 柴崎友香 「かわうそ堀怪談見習」
  • 花房観音 「奥様の、お屋敷」
  • 千早茜  「梟」
  • 東直子  「先生の瞳」
〈漫画〉
  • 伊藤三巳華 三巳華の遠野物語 「TSUNAMI」
  • 波津彬子 怪談古裂帖「小鍛冶」能「小鍛冶」より
  • 漆原ミチ/小野不由美 鬼談百景「増える階段」「壁下地」
  • 近藤ようこ たそがれの市「片袖衣」
  • 今日マチコ door「風と砂時計 〜映画『風』によせて〜」
  • ほか
〈実話〉
  • 工藤美代子 「となりの妖々譚」
  • 藤野可織  「私は幽霊を見ない」
  • 三輪チサ  「怪談暮らし」
  • ほか

リポート・エッセイ・インタビュー

〈エッセイ/創作〉
  • 立原透耶 「夢への旅路」
  • 宮家美樹 「大和 闇の祭」
  • 佐藤弓生+町田尚子 「つくよみ双子」
  • 怪談スイーツ 宝理彩子
  • ほか

過去のNEWS

  • 2017年12月15日
    怪談専門誌「幽」28号発売のお知らせ

    怪談専門誌「幽」28号発売のお知らせ

    2017.12.15

    怪談専門誌「幽」28号が本日発売となりました。
    詳細はこちらでご確認いただけます。

    2017年6月29日
    「カクヨム異聞選集 ~本当にあった怖い話・不思議な体験コンテスト~」開催

    「カクヨム異聞選集 ~本当にあった怖い話・不思議な体験コンテスト~」開催

    2017.6.29

    KADOKAWAの小説投稿サイト『カクヨム』にて、8月1日から31日の一ヶ月間、「カクヨム異聞選集 ~本当にあった怖い話・不思議な体験コンテスト~」と題し、怪談実話を募集するコンテストを開催します。
    詳細はこちらでご確認いただけます。

    2017年6月29日
    怪談専門誌「幽」27号発売のお知らせ

    怪談専門誌「幽」27号発売のお知らせ

    2017.6.29

    怪談専門誌「幽」27号が本日発売となりました。
    詳細はこちらでご確認いただけます。

    2016年12月15日
    怪談専門誌「幽」26号発売のお知らせ

    怪談専門誌「幽」26号発売のお知らせ

    2016.12.15

    怪談専門誌「幽」26号が本日発売となりました。
    詳細はこちらでご確認いただけます。

    2015年12月17日
    「幽」文学賞、「幽」怪談実話コンテスト終了のお知らせ

    「幽」文学賞、「幽」怪談実話コンテスト終了のお知らせ

    2015.12.17

    これまで継続してまいりました「幽」文学賞と「幽」怪談実話コンテストは、いったん終了することとなりました。長きにわたる御支援・御愛読に、衷心より御礼を申しあげます。

    なお、第10回「幽」文学賞の受賞作品は2016年度に書籍化を予定しております。
    第10回「幽」文学賞、第7回「幽」怪談実話コンテストの選考会につきましては、『幽』24号に詳細を掲載しておりますので、ご覧いただけますと幸いです。

    今後、また別の形で、怪談文芸の振興に取り組んでまいる所存ですので、何卒よろしくお願い申しあげます。

    幽編集長 岸本亜紀

    2015年11月9日
    決定! 第7回『幽』怪談実話コンテスト受賞作

    決定! 第7回『幽』怪談実話コンテスト受賞作

    2015.11.9

    第7回『幽』怪談実話コンテストの選考会が2015年11月5日に行われ、
    次のとおり受賞作が決定しました

    《大賞》
    「古墳の石」「八幡様の踏切」笠原修(かさはら・おさむ)

    《優秀賞》
    「soul pool」石動さや加(いするぎ・さやか)
    「工場に棲むもの」黒咲典(くろさき・つかさ)
    「友は還りて夜をゆく」夜馬裕(やまゆう)

    《佳作》
    「さんどばた忌憚」阿丸まり(あまる・まり)
    「家守」九条紀偉(くじょう・きい)
    「守護する者」並木由紀(なみき・ゆき)
    「帰還」春南灯(はるな・あかり)

    《特別賞》
    「憑依の人」井川一太郎(いがわ・いちたろう)

    第7回『幽』怪談実話コンテスト 最終候補作品(16作品)

    「さんどばた忌憚」阿丸まり(あまる・まり)
    「憑依の人」井川一太郎(いがわ・いちたろう)
    「soul pool」石動さや加(いするぎ・さやか)
    「古墳の石」笠原修(かさはら・おさむ)
    「八幡様の踏切」笠原修
    「幻走」九条紀偉(くじょう・きい)
    「家守」九条紀偉
    「工場に棲むもの」黒咲典(くろさき・つかさ)
    「飢餓トラック」光道進(こうどう・すすむ)
    「大阪の夜」ティ・カトウ
    「守護する者」並木由紀(なみき・ゆき)
    「帰還」春南灯(はるな・あかり)
    「姉からのメッセージ」まめもやし
    「女子大の保健室」山口明果里(やまぐち・あかり)
    「友は還りて夜をゆく」夜馬裕(やまゆう)
    「まゆちゃん」山葵(わさび)
    (著者名50音順)

    選考会の模様は『幽』24号(2015年12月刊行予定)に掲載いたします。

    2015年11月6日
    第10回『幽』文学賞 最終選考結果

    第10回『幽』文学賞 最終選考結果

    2015.11.6

    第10回『幽』文学賞長篇部門の最終選考会が2015年11月2日に行われ、
    大賞受賞作品は該当作なし、とされました。

    以下の作品が奨励賞に選ばれました。
    長篇部門 奨励賞 「悪い月が昇る」藤森計(ふじもり・けい)

    第10回 『幽』文学賞短篇部門の最終選考会が、同じく2015年11月2日に行われ、
    以下が大賞作として選定されました。
    短篇部門 大賞 「やみ窓」篠たまき(しの・たまき)

    以下の作品が佳作に選ばれました。
    短篇部門 佳作 「目出し帽の女」蕎麦田(そばた)

    選考会の詳細につきましては、『幽』24号に選考会リポートを掲載予定です。

    2015年10月7日
    第10回『幽』文学賞 長篇部門 最終候補作品 決定(10作品)
    第7回『幽』怪談実話コンテスト 最終候補作品 決定(16作品)

    第10回『幽』文学賞 長篇部門 最終候補作品 決定(10作品)
    第7回『幽』怪談実話コンテスト 最終候補作品 決定(16作品)

    2015.10.7
    第10回『幽』文学賞 長篇部門 最終候補作品

     第10回『幽』文学賞長篇部門の予備選考会が2015年9月14日に行われ、最終選考作品5作が選出されました。最終選考会は11月初旬を予定しています。

    「つるべおろし」小川薄暮(おがわ・はくぼ)
    「ヤマワタリ」風島ゆう(かぜしま・ゆう)
    「沈みゆく獣」久瀬たつや(くぜ・たつや)
    「花狩神奇譚(はながりしんきたん)」百日紅沙流(さるすべり・さる)
    「悪い月が昇る」藤森計(ふじもり・けい)
    (著者名50音順)

    第7回『幽』怪談実話コンテスト 最終候補作品

     第7回『幽』怪談実話コンテストの予備選考会が2015年9月14日に行われ、最終選考作品16作が選出されました。最終選考会は11月初旬を予定しています。

    「さんどばた奇譚」阿丸まり(あまる・まり)
    「憑依の人」井川一太郎(いがわ・いちたろう)
    「soul pool」石動さや加(いするぎ・さやか)
    「古墳の石」笠原修(かさはら・おさむ)
    「八幡様の踏切」笠原修
    「幻走」九条紀偉(くじょう・きい)
    「家守」九条紀偉
    「工場に棲むもの」黒咲典(くろさき・つかさ)
    「飢餓トラック」光道進(こうどう・すすむ)
    「大阪の夜」ティ・カトウ
    「守護する者」並木由紀(なみき・ゆき)
    「帰還」春南灯(はるな・あかり)
    「姉からのメッセージ」まめもやし
    「女子大の保健室」山口明果里(やまぐち・あかり)
    「友は還りて夜をゆく」夜馬裕(やまゆう)
    「まゆちゃん」山葵(わさび)
    (著者名50音順)

    2015年8月17日
    第10回『幽』文学賞 短篇部門 最終候補作品 決定(10作品)

    第10回『幽』文学賞 短篇部門 最終候補作品 決定(10作品)

    2015.8.17

     第10回『幽』文学賞短篇部門の予備選考会が2015年7月29日に行われ、最終選考作品10作が選出されました。最終選考会は11月初旬を予定しています。

    「迷い寺」雨沢碧(あまざわ・へき)
    「チエー二」植木天洋(うえき・てんよう)
    「身代わりさる」剣先あやめ(けんざき・あやめ)
    「飛童(ひどう)」小北幸弘(こきた・ゆきひろ)
    「やみ窓」篠たまき(しの・たまき)
    「目出し帽の女」蕎麦田(そばた)
    「四十八手で開く」鷹尾東雨(たかお・とうう)
    「反抗期」遠山落陽(とおやま・らくよう)
    「カサマイの坂」榛原正樹(はいばら・まさき)
    「エレベーター」森一鳥(もり・いっちょう
    (著者名50音順)

    2015年4月30日
    東直子『晴れ女の耳』刊行インタビュー

    東直子『晴れ女の耳』刊行インタビュー

    2015.4.30

     発売前から話題騒然の本書。「幽」の妹雑誌である「Mei(冥)」での連載をまとめた一冊で、東直子さんが「怪談」と向き合って書き、作家の藤谷治氏に、「現代の傑作」と称された著者の新境地。ファンタジーでもミステリーでもSFでも幻想でもない、ジャンルにとどまることのない本作品。著者にインタビューした。
    取材・文=門賀美央子 写真=編集部

    晴れ女の耳

    『晴れ女の耳』東直子
    KADOKAWA 1,500円(本体)

    東直子

    東直子  ひがし・なおこ

    歌人、作家。一九九六年「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞受賞。歌集に『東直子集』(邑書林)、『十階』(ふらんす堂)ほか。二〇〇六年初の小説『長崎くんの指』(マガジンハウス/のちに『水銀灯が消えるまで』集英社文庫)を刊行。『とりつくしま』(ちくま文庫)、『私のミトンさん』(毎日新聞社)、『らいほうさんの場所』(講談社文庫)、『いつか来た町』(PHP研究所)『いとの森の家』(ポプラ社)、『トマト・ケチャップ・ス』(講談社文庫)など著書多数。近刊に、評論集『短歌の不思議』(ふらんす堂)。

     怖いけれど、どこか懐かしい。
     懐かしいけれども、底知れぬ何かが迫ってくる。

     東直子さんの新刊『晴れ女の耳』は、これまでにない読み心地を与えてくれる稀有な物語集だ。
    「自分の奥に眠っていた、もやもやした誰かの声を書き写したような、そんな気がします」と執筆当時を振り返る東さん。女性のための怪談雑誌『Mei』での執筆を依頼され、まず考えたのは「自分は何を怖いと思うのか」についてだったという。
    「その末に辿り着いたのが『和歌山』でした。父の実家が南紀地方の山奥にあったのですが、普段は団地住まいの私にとって、そこは田舎の独特のおかしみと、自然と一体化した根源的な怖さを共に感じさせてくれる場所だったのです」
     南紀といえば、世界遺産にも指定されている神秘的な聖地熊野三山があると同時に、黒潮文化の生命力あふれる土地でもある。そして、何よりも印象的なのが、見渡す限り続く山々を覆う、深い太古の森。こうした、陰と陽、文化と自然が融け合って独自の文化を形作る土地で生まれ育った老女たちが、ほぼ全篇に登場する。
    「紀州の女性って、長生きの方が多いんです。百歳近くなってもまだまだ達者で、ある日突然、楽に昇天していく。ですが、人生そのものが楽であったわけではありません。むしろ、壮絶ともいえる境遇で暮らした方も少なくない。ですが、悲惨すらおもしろおかしく語るということを女達はずっとやってきたと思うんです。どこからか聞こえてくる彼女たちの話を、口述筆記しているような感じでした」
     たとえば、表題作である「晴れ女の耳」で、「私」の耳から出てきた豆粒ほどのおばあさんが語る、彼女が小さくなった理由、そしていついかなる時でも天気を晴れにできる力を持つに至ったエピソードは、あまりに残酷だ。だが、紀州のお国言葉で淡々と語られると、悲劇が悲劇だけではなくなる。
    「彼女の人生は、いわば負けっぱなしに人生です。だけど、負けたまま、ぬけぬけと生きている。昔話って、そんな感じが多いじゃないですか。最後は『めでたしめでたし』で終わるけれど、よくよく考えたら全然めでたくないよ! って。おばあさんたちは、どんな悲しい話でもニコニコ笑いながらする。だからこそ、よけいに心にしみてくるんですよね」
     とはいえ、怪談雑誌で掲載されていたのだから、ただの「おもしろ悲しい話」では終わらない。
     七つの物語の主人公たちは、日常とは地続きのままに突然、異界に引きずり込まれる。
    「今回、和歌山を大きなテーマにはしたものの、各話とも書き始めにはどんな結末になるか自分でもわかりませんでした。最初の場面だけを設定して、あとはもう言葉が動くままに書いていきましたね。自分の中に眠っている何かが導き出され、自然と物語になった感じがします。おばあちゃんが子供たちを集めて昔語りをやるのと同じようなことを、私一人で語り手と聞き手を兼ねながらやったようなものでしょうか」
     それは、語りの文学にこそ怖さを感じてきた東さんにとっては、自然な成り行きだった。
    「民間の口承文芸には、語り手の日常が色濃く反映されてきたと思うのですが、今回の話には私が実際に見聞きしたことを散りばめました。『イボの神様』は私が幼い頃、実際に祖母に教えてもらった神様の話がベースになっていますし、『ことほぎの家』に出てくるおばあさんの『あのころはのう、ようけえ人が死んで、ようもうかってのう』という台詞はある人の口から本当に飛び出した言葉です(笑)。また、神かくしや狸に化かされる話も、父の故郷ではみんな当たり前のようにしていました」
     繰り返し現れる土俗的なモティーフ。だが、歌人の感性は、物語に土の匂いを残しつつ、物語全体に軽やかさとモダンな雰囲気を与えている。
    「語りの怖さを追いつつも、ただドロドロと暗くするのではなく、最後は抜けがあるようにしたいとは思っていました。読み手にとって、『あそこに何かいるかもしれないよ』と手を引いて導くような、そういう怖さのある物語になっていればいいなと思います」

    藤谷治氏による本作品の書評が読める「本の旅人」
    https://www.kadokawa.co.jp/mag/tabibito/
    http://bookwalker.jp/series/1256/(電子版)

    本作品を買う
    https://www.kadokawa.co.jp/product/321412000167/

    2015/05/10 Sun 東直子×藤谷治
    「フィクショネス文学の教室 特別編」
    『晴れ女の耳』刊行記念 下北沢B&Bにて開催!(おはやめにどうぞ) 
    詳細は http://bookandbeer.com/blog/event/20150510_ficciones/

    2015年2月13日
    東雅夫講演会「八雲の血脈」開催のお知らせ

    東雅夫講演会「八雲の血脈」開催のお知らせ

    2015.2.13

     『幽』最新号の特集「ハーン/八雲 Retold」、お愉しみいただけたでしょうか?
     没後110年を経てもなお、世界各地で新たな愛読者を生み出している、近代怪談文芸の恩人ラフカディオ・ハーンこと小泉八雲。
     その不滅の魂の息づきを、曾孫にあたる小泉凡さん、松江出身の佐野史郎さん、新たな『怪談』翻訳に取り組んでいる円城塔さんほか、現在の八雲リバイバルを担う皆さんに総登場いただいて、お伝えしております。

     さて、このほど、神楽坂で毎年開催されている本のイベント「レラドビブリオテック〜猫も歩けば本に中る〜」からお誘いをいただき、『幽』の「ハーン/八雲」特集に関連したお話をさせていただくことになりました。
     テーマは「八雲の血脈」  今回の特集を企画した契機のひとつとなった小泉凡さんの好著『怪談四代記』もそうなのですが、八雲の子孫たちは皆それぞれに、八雲の思い出や小泉家にまつわる不思議な出来事を文章に綴り、装幀造本に意匠を凝らした、美しい書物として世に出しました。

     今回の講演「八雲の血脈  小泉家のファミリーレジェンドと美しい書物群」では、特集企画者の視点から、小泉家四代に脈々と受け継がれた「八雲の魂」とファミリー・レジェンド、それを体現する書物の数々を、御紹介したいと思います。
     下記の公式サイトを御高覧のうえ、ふるっての御来場を、お待ち申しあげております。
     なお当日は、『幽』最新号も販売いたします。(東雅夫)

    【講演会詳細】http://tokyo-biblio.com/post/107975152612/2-21

    Re-Echo

    小泉八雲の長男・一雄の著書『Re-Echo(谺)』書影
    (怪異な石仏を描いた表紙画も著者の自筆)

    2015年2月13日
    増刷決定!『営繕かるかや怪異譚』(小野不由美 KADOKAWA)

    増刷決定!『営繕かるかや怪異譚』(小野不由美 KADOKAWA)

    2015.2.13

     『ゴーストハント』『十二国記』『鬼談百景』『残穢』に続く、最新小説『営繕かるかや怪異譚』は、出身地である大分県中津市をどこか思わせる町並みが描かれてます。その町に点在する古い建物の周囲で起こる怪奇現象の数々  誰もいないはずの天井から聞こえてくる跫音、雨の日の路地裏に出没する喪服姿の女、押入や冷蔵庫に潜む謎の老人、古い井戸を壊したあとに窓に蠢くもの……そうした恐怖がピークに達したとき、怪異専門の建築探偵ともいうべき“営繕屋かるかやの尾端(オバナ)”がさっそうと現われ、怪異を祓うのでなく、鎮めていく。
     讀賣新聞では宮部みゆき氏が書評を、朝日新聞では佐々木敦氏が書評を書いて下さり、各誌紙で絶賛されている本作品が待望の増刷決定です。公式サイトでは、それら書評や推薦文を読むことができる上、カバー絵の漆原友紀さんの絵解きなども。(吸血K)
    【営繕かるかや怪異譚 公式サイト】https://www.kadokawa.co.jp/sp/2014/karukaya/

    *営繕の意味 建造物の新築と修繕のこと。(三省堂「新明解 国語辞典」第四版より)
    一般的には模様替(リフォーム)なども含む。
    *かるかやの意味 山野に自生する多年草。葉はイネに似て、秋、ムギの穂に似た小さい花を葉のわきにつける。高さは1.5メートルくらいに達する。(三省堂「新明解 国語辞典」第四版より)
    営繕かるかや怪異譚

    『営繕かるかや怪異譚』
    発売日:2014年 12月 03日 定価(税込):1620円 四六判
    ISBN 978-4-04-102417-1-C0093 角川書店
    https://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=321408000159

© KADOKAWA CORPORATION