西郷どん!

ニュース

  • 2018.9.18
    林真理子先生トークショー&サイン会 追加開催決定!
    9月26日(水)たまプラーザ テラス ゲートプラザ2F プラーザホール by イッツコムにて開催予定です。
    詳しくはこちら
  • 2018.7.26
    NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」開催中!
    大阪展は7月28日(土)から大阪歴史博物館にて。詳しくはこちら
  • 2018.6.29
    NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」開催中!
    東京展は7月16日(月・祝)まで東京藝術大学大学美術館にて。詳しくはこちら
  • 2018.6.1
    『西郷どん!並製版』のカバーがリニューアルしました。
  • 2018.4.18
    大河ドラマ『西郷どん』の時代考証担当・原口泉先生トークショー開催決定!
    4月28日(土)ジュンク堂書店天満橋店にて開催予定です。詳しくはこちら
  • 2018.2.23
    林真理子先生サイン会追加開催決定!
    3月20日(火)紀伊國屋書店さいたま新都心店にて開催予定です。詳しくはこちら
  • 2018.2.13
    林真理子先生サイン会追加開催決定!
    3月9日(金)くまざわ書店ペリエ千葉本店にて開催予定です。詳しくはこちら
  • 2018.1.19
    鹿児島県で「街歩き 西郷どん!スタンプラリー」を開催!
    西郷隆盛ゆかりの地、鹿児島県にて期間限定でスタンプラリーを開催いたします。詳細はスペシャルコンテンツをご確認ください。
  • メディア掲載情報!!
    ※これまでご紹介頂きました媒体より一部抜粋してお届け致します。(主に小説関連。ランキングは除く)
    媒体によっては品切れの場合もございますので、予めご了承くださいませ。
    <2018年>
    【テレビ】
    1月20日放送
    『土曜スタジオパーク』(NHK)★ゲスト出演
    【ラジオ】
    2月18日放送
    「人生に、文学を。」(TOKYO FM)★対談
    2月4日放送
    「トーキング ウィズ 松尾堂」(NHK-FM)★ゲスト出演
    1月14日放送
    「本の虫」(エフエム北海道)
    【WEB】
    1月6日配信
    「ダ・ヴィンチニュース」★書評
    【雑誌】
    1月5日発売
    「女性自身」(1月16日・23日号)★中園ミホ氏対談
    <2017年>

    ■インタビュー、イベント模様
    【WEB】
    11月27日配信
    「ほんのひきだし」(日本出版販売)
    11月1日配信
    「otoCoto」(ブックリスタ)★速水健朗氏対談
    【テレビ】
    12月28日放送
    「おはよう北海道」(NHK札幌放送局)★特集インタビュー
    11月2日放送
    「MBCニュース」(南日本放送)★トークイベント
    11月2日 放送
    「情報WAVEかごしま」(NHK鹿児島放送局)★トークイベント
    11月2日 放送
    「KTSみんなのニュース」(鹿児島テレビ放送)★トークイベント
    【ラジオ】
    12月24日、31日放送
    「インサイトサンデー」(RKBラジオ) “下田文代のビタミンチャージ”コーナー
    12月4日放送
    「まるごとエンタメ~ション」(STVラジオ)
    11月28日放送
    「おいね☆どいね」(RMOラジオ)
    【新聞】
    12月29日付
    「夕刊フジ」
    12月26日付
    「北國新聞」
    12月25日付
    「読売新聞」★中園ミホ氏対談
    12月22日付
    「スポーツ報知」
    12月17日付
    「北海道新聞」
    12月16日付
    「毎日新聞(九州版)」★講演会
    12月01日付
    「西日本新聞」
    11月29日付
    「毎日新聞(九州版)」
    11月20日付
    「北國新聞」★サイン会
    11月8日付
    「産経新聞」
    11月3日付
    「南日本新聞」★トークイベント
    11月3日付
    「朝日新聞(鹿児島版)」★トークイベント
    11月2日付
    「毎日新聞」
    【雑誌】
    12月29日発売
    「オレンジページ」(2018年1月17日号/オレンジページ)
    12月28日発売
    「Oggi」(2018年2月号/小学館)
    12月27日発売
    「週刊文春」(1月4日・11日号/文藝春秋)★中園ミホ氏対談
    12月27日発売
    「アンアン」(No.2083/マガジンハウス)
    12月25日発行
    「大人の休日倶楽部」(2018年1月号/ジェイアール東日本企画)※会員誌
    12月20日発売
    「西郷どんWalker ウォーカームック」(KADOKAWA)
    12月7日発売
    「PRESIDENT WOMAN」(2018年1月号/プレジデント社)
    12月6日発売
    「アンアン」(No.2080/マガジンハウス)
    12月6日発売
    「ハルメク」(2018年1月号/ハルメク)※定期購読誌
    12月6日発売
    「日経おとなのOFF」(2018年1月号/日経BP社)
    12月4日発売
    「家の光」(2018年1月号/家の光協会)
    12月4日発売
    「週刊現代」(12月16日号/講談社)
    11月13日発売
    「AERA」(11月20日号/朝日新聞出版)
    11月6日発売
    「ダ・ヴィンチ」(12月号/KADOKAWA)
    10月27日発売
    「本の旅人」(11月号/KADOKAWA)★中園ミホ氏対談

    ■書評、書籍紹介
    【新聞】
    12月25日付
    「日刊ゲンダイ」
    12月22日付
    「週刊読書人」★書評(評者:末國善己氏)
    11月12日付
    「世界日報」★書評(評者:高嶋久氏)
    【雑誌】
    12月20日発売
    「週刊実話」(2018年1月4日号/日本ジャーナル出版)★書評(評者:居島一平氏)
    11月27日発売
    「週刊ダイヤモンド」(12月12日号/ダイヤモンド社)★書評(評者:昼間匠氏)
    11月1日発売
    「婦人画報」(12月号/ハースト婦人画報社)★書籍紹介
    10月27日発売
    「本の旅人」(11月号/KADOKAWA)★書評(評者:阿刀田高氏)
    【WEB】
    発売告知/11月1日配信「東洋経済オンライン」「ORICON NEWS」「現代ビジネス」「時事ドットコム」「エキサイトニュース」他

絶賛の声、どんどん!!!!!

終盤は物語にぐいぐい引き寄せられて
泣きながら読みました

――中園ミホ(脚本家・大河ドラマ「西郷どん」脚本)
「本の旅人」2017年11月号より

よくぞここまでやさしく、
おもしろく書いたなあ

――阿刀田高(作家)
「本の旅人」2017年11月号より

まさに波乱万丈!これぞ骨太!
人間・西郷隆盛の素顔と光と影に充ちた生涯を描き切ったこの物語は圧倒的な存在感がある!この世に最も必要な“志”が凝縮された、時代の転換点に聳え立つド迫力の一冊だ!

―三省堂書店 営業企画室 内田剛さん

妻たちがカッコいいです。
愛加那と糸が特に!2人とも自分の感情より、吉之助のこと、そして吉之助の子どものことを優先していて、泣かせます。

―積文館書店 松本愛さん

あちこちが崩れ、あちこちが軋み始めている。
今の時代だからこそ読むべき1冊。
俯瞰する目を持つ人間こそがリーダー中のリーダーである。

―ゲオ 星由妃さん

各種メディアで話題沸騰!面白さ太鼓判!

内容紹介

西郷どんイラスト

薩摩の下級藩士の家に生まれた西郷吉之助(のちの隆盛)は、貧しいながらも家族やのちに大久保利通となる正助ら友に恵まれて育った。やがて吉之助は敬愛する藩主・島津斉彬に見いだされ、側仕えとして江戸に京都に飛び回るようになっていく。

鹿児島で得た生涯の出会い、早すぎる師との別れ、そして絶望の中赴いた奄美大島での、運命の恋。日本一わかりやすい、マリコ流幕末ロマン!
ためしよみはこちらから!
登場人物
人物相関図
ライン

スペシャルコンテンツ

■ 林真理子原作監修の関連書籍試し読み

西郷どん! 西郷隆盛の物語
大河ドラマ西郷どん!原作の児童文庫版
ためしよみはこちらから!
西郷どん! 1
大河ドラマ原作を完全コミカライズ
ためしよみはこちらから!
街歩き 西郷どん!
西郷隆盛ゆかりの場所や史跡などをめぐり、理解を愉しむビジュアルガイドブック
ためしよみはこちらから!

■ 大河ドラマ『西郷どん』の時代考証担当・原口泉先生トークショー開催決定!

※トークショーは終了致しました。
 お越し下さった皆様、誠に有難うございました。

■ 「街歩き 西郷どん!スタンプラリー」開催!

街歩き西郷どん!スタンプラリー

※スタンプラリーは終了いたしました。


・本イベントへのお問い合わせ
NPO法人かごしま探検の会
099-227-5343(対応時間/平日10:00〜17:00)

※発表は、賞品の発送を以って代えさせていただきます。(発送は2018年4月予定)
※応募時にご記入頂いた個人情報は、当選の場合の発送のみに使用いたします。

■ 林真理子先生サイン会

※サイン会は終了致しました。
 お越し下さった皆様、誠に有難うございました。

■ 林真理子×中園ミホ、
『西郷どん!』刊行記念特別対談!

林真理子×中園ミホ、『西郷どん!』刊行記念特別対談!
ライン

刊行にむけて

林 真理子 氏

林 真理子 氏(原作)

ただでさえ複雑な幕末で、様々なことに関わっている西郷を描くのは挑戦でしたが、最後まで書ききってやっと理解できました。国が生まれ変わるときには死ぬ者がいる、それをわかっていたのが西郷なんです。未来はどれだけましな世の中になっているだろうと思って死んでいったのに、この後いくつもの戦争を迎え、彼らが目指していた理想の国家に結局たどり着けなかったと思うと申し訳ない、切ない気持ちになる。いま西郷隆盛を描いた意味は、そういうことなんだと思います。

プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)

1954年、山梨県生まれ。日本大学芸術学部卒。86年「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、95年『白蓮れんれん』※1で柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞、2013年『アスクレピオスの愛人』で島清恋愛文学賞を受賞。13年刊の新書『野心のすすめ』は独自の人生論が多くの共感を呼びベストセラーに。そのほか 『葡萄が目にしみる』『ミカドの淑女』『聖家族のランチ』『RURIKO』『正妻 慶喜と美賀子』『我らがパラダイス』、人気エッセイ“美女入門”シリーズなど、小説、エッセイ両分野で活躍中。
※1 タイトルの 蓮 は正式には2点しんにょうです。

林 真理子 氏 KADOKAWA刊行作品一覧はこちら
ライン

西郷どん!刊行情報

林真理子が描く、大河ドラマ原作小説!
上製版と並製版の2種類で発売!
※単行本『西郷どん!』は、お好きな製本でお読みいただけるよう、内容は同一ですが、ハードカバー、ソフトカバーの2種類を刊行しています。上製版は2巻本(前編・後編)、並製版は3巻本(上・中・下)です。
西郷どん! 上製版 全2巻 林 真理子
西郷どん! 並製版 全3巻 林 真理子
原作小説を完全コミカライズ!
大河ドラマ原作をコミック化!幕末で最も愛された志士、その生涯――。
西郷どん! 1
MFC

西郷どん! 1

林 真理子 原作
日高 建男 漫画
定価 648円(本体600円+税)
978-4-04-069515-0
カドカワストア amazon 楽天
西郷どん! 2
MFC

西郷どん! 2

林 真理子 原作
日高 建男 漫画
定価 648円(本体600円+税)
978-4-04-069575-4
カドカワストア amazon 楽天
ゆかりの地をめぐり
『西郷どん!』を10倍楽しむ!
西郷隆盛ゆかりの場所や史跡などをめぐり、理解し楽しむビジュアルガイドブック!
街歩き 西郷どん!
単行本

街歩き 西郷どん!

林 真理子 監修
定価 1,620円(本体1,500円+税)
978-4-04-105676-9
カドカワストア amazon 楽天
親子で幕末へタイムスリップしよう!
大河ドラマ『西郷どん!』原作を児童文庫に!小学生から楽しめる物語。挿絵も多数!!
(すべての漢字に読み仮名をつけています。)
西郷どん! 西郷隆盛の物語
つばさ文庫

西郷どん! 西郷隆盛の物語

林 真理子 原作
吉橋 通夫 文 勇沢 椰木 絵
定価 734円(本体680円+税)
978-4-04-631757-5
カドカワストア amazon 楽天
新たな伝記まんが『まんが人物伝』誕生!幕末の英雄、西郷隆盛を描く!

まんが人物伝 西郷隆盛
角川まんが学習シリーズ

まんが人物伝 西郷隆盛

山本 博文 監修
定価 918円(本体850円+税)
978-4-04-104823-8
カドカワストア amazon 楽天

西郷隆盛 新装版
角川文庫

西郷隆盛 新装版

池波 正太郎 著
定価 648円(本体600円+税)
978-4-04-105841-1
カドカワストア amazon 楽天
南国回天記
角川文庫

南国回天記

海音寺 潮五郎 著
定価 691円(本体640円+税)
978-4-04-105071-2
カドカワストア amazon 楽天
西郷隆盛伝説
角川ソフィア文庫

西郷隆盛伝説

佐高 信 著
定価 778円(本体720円+税)
978-4-04-400244-2
カドカワストア amazon 楽天
西郷家の人びと
単行本

西郷家の人びと

原口 泉 著
定価 1,728円(本体1,600円+税)
978-4-04-400249-7
カドカワストア amazon 楽天

歴史を学ぶ!西郷隆盛の生きた時代にふれる!
西郷隆盛・関連書籍はこちら

西郷隆盛が駆け抜けた
幕末から明治を知るオススメ書籍はこちら

ライン
TOPボタン