PAGE TOP

次の記事へ

前の記事へ

レバガチャ
アーカイブ
TOP

バリバリ打ってGANGAN進め!?
つっぱりハイスケールRock‘n’roll!

photo_image

作品名:痛快GANGAN行進曲
ジャンル:対戦格闘ゲーム
発売日:1994年7月26日(MVS)
    1994年8月26日(ネオジオROM)
    1995年1月13日(ネオジオCD)

ADKスピリットが生んだ、空前絶後の20世紀タイマンバトル!

どこか「やんのか、シャバ僧がぁ!」「そこんとこ、夜露死苦!」とでも飛び交いそうな香ばしさを匂わせる対戦格闘ゲーム。東西に分かれた二人の不良を始めとした喧嘩ストーリー。それが本作、痛快 GANGAN 行進曲だ。

photo_image photo_image

時代は 1994 年当時の現代ながら、どこか昭和とも平成とも未来とも言えない時代観で描かれている。何でもありで、エンターテインメント性溢れるADKスピリットが炸裂した異色作が本作だ。

逆転不可能なリアルファイト!? 問答無用の一本勝負!

photo_image photo_image photo_image photo_image photo_image

本作は他の格闘ゲームとは異なり、キャラクター別に対決前のサブタイトルから始まって、互いの様子を窺いながら火花散らすガンつけなど儀式的な演出が多数用意されており、どこかバカバカしくも熱いお約束が癖になることだろう。

勝負は120秒の1ラウンド制。体力ゲージは4本分(青→緑→黄→赤)と多めに設けられているが、ガードしても体力が削られる仕様となっている。また、気絶状態に加えて流血や骨折など、防御力や移動速度が低下するアクシデントも相まって、一度体力差が開くとそのまま敗北に陥りやすい。一発逆転のチャンスがないゲームバランスは当時の主流に逆行していたと言える。

photo_image photo_image photo_image photo_image photo_image

防御不可!当たれば即KOとなるGANGAN必殺技!

photo_image photo_image photo_image

いわゆる超必殺技なのだが、本作では発動条件および役割はかなり特殊である。自分の熱血ゲージが満タンかつ相手の体力ゲージが一本以下(赤色)の状態という、二つの条件を満たさないと使用できない。命中すれば専用音楽とモーションで決着となる。一撃必殺には違いないが、勝負の最後を派手に飾るための演出かもしれない。一部のGANGAN技では、ここまでタイマンだったのに「舎弟が相手を羽交い締めにする」「架空の彼氏が登場する」「ペットの虎が乱入してくる」などと野暮なツッコミを入れてはならない。

レバガチャ本編での登場シーン

ROUND5にて、柏芽との屋上遊園地シーンで登場。キサラのジェラシーボンバーによって、思春期の彼の心はさぞモヤモヤ、爆発寸前だったことだろう。現に彼女のGANGAN技は本作を代表する語り草のひとつである。

photo_image

作品資料

sample01

国内版パンフレット

sample02

海外版パンフレット

sample03

取扱説明書

sample04

イラスト

いつでも手軽にGANGAN遊べる!アーカイブ作品で好評発売中!

従来の格闘ゲームの常識を打ち破り、ベルトスクロールアクションを彷彿させながら繰り広げられるハチャメチャ喧嘩バトル。所謂、防御戦法の『待ち』が殆んど通じない攻めれば攻めるほど有利になるゲーム性はまさにGANGAN行進曲!! 1に派手で2に派手で、3・4も派手で5におトボケな本作で、ぜひぜひ熱血ゲージを上げまくろう!

cSNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.Arcade Archives Series Produced by HAMSTER Co.※“PlayStation”および“PS4”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。※Microsoft、Xbox One および Windows は米国 Microsoft Corporation および/またはその関連会社の登録商標または商標です。※Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。