PAGE TOP

次の記事へ

前の記事へ

レバガチャ
アーカイブ
TOP

全国のゲームセンターを手に汗握る血戦の地に変えた武器格闘ゲームの礎

photo_image

作品名:SAMURAI SPIRITS
ジャンル:対戦型格闘ゲーム
発売日:1993年7月7日(MVS)
    1993年8月11日(ネオジオROM)
    1994年9月9日(ネオジオCD)
DL版:アケアカNEOGEOシリーズとして配信中
(PlayStation®4、Xbox One、Nintendo Switch)

概要

決闘の舞台に飛び交う剣技、血しぶき、四肢胴体……。それは十二人の剣士たちによる命を賭した果し合い。その先に待つのは勝利の喜びか、それとも敗北による死か生き恥か?それぞれが誇る武士道、野望、生き様を刃に託したサムスピシリーズ第1弾!

特徴

当時、対戦格闘ゲームは雨後の筍のごとく乱立され、ゲーマーたちの興味と関心は飽和状態になりつつあった。そんな中、武器と剣術による文字どおり『真剣勝負』となる本作が颯爽と登場。怒りゲージや鍔迫り合いなど、それまでにはない要素と魅力ある設定で格ゲーファンに新たな刺激と興奮をもたらしてくれた。

キャラクター紹介

今回のレポートでは、武器格闘ゲームの先陣を切った本作に登場する個性豊かな剣士たちを紹介する。

photo_image

常に起死回生の攻撃力がウリのシリーズきっての大剣豪

photo_image

名前:覇王丸
強い相手との決闘を求めて世界中を旅する絵に描いたような主人公。コマンド技は旋風裂斬と弧月斬のみと少ないが、怒りゲージの溜まりやすさや斬鉄閃(大斬り)で壮快に戦える。その威力は上級者すらも唸らせる。

愛に生き、愛に死ぬことを見付けし薄命の美剣士

photo_image

名前:橘 右京
肺病を患う居合いの達人。本作では覇王丸のライバル的ポジションだが、シリーズを重ねる毎に隅へと追いやられる色々と不遇な存在感が特徴。全体を通してクールな剣技を披露するが、時おり見せる開いた目と静かな怒りの一撃に痺れさせられる。

本作最強の性能を誇る、麗しの革命騎士

photo_image

名前:シャルロット
幅広い有効範囲と長い持続時間を持つ攻防一体のジャンプ大斬りと隙の少ない立ち中斬り(突き)のみでCPU戦はクリア可能。「自分はこのゲームが凄く上手いのでは?」と勘違いする者を続出させた歴史はまさにフランス革命ともいうべき偉業。

純情な想いで世界を駆ける、蒼い瞳のニンジャファイター

photo_image

名前:ガルフォード
派手な技の数々と風貌の良さで幅広いファン層を得たカリスマ忍者。陽気な性格に反して一途であるなど人間的に非の打ちどころがない。ハードロックなBGMとギャラリー渦巻く彼のステージは盛り上がること間違いなし。

部下を求めて三万里。唯我独尊のスカウトキャラバン

photo_image

名前:王虎(ワンフー)
覇王丸に並ぶ攻撃力の剛剣士。ハイリスクながら武器を投げる気功爆転法は、立ち位置によってはめくり(ガード方向の反転)が発生するので要注意。なお、2Pカラーだが、他のキャラは偽者的な別人となっているが、王虎は双子の兄弟という設定。

世に柳生新陰流=二刀流のイメージを焼き付けた隻眼の剣豪

photo_image

名前:柳生 十兵衛
日本史に実在した人物をモデルにした古豪の漢。性格、信念、剣技のどれをとっても素晴らしいが、本作ではある意味で無個性と言えなくもない。極めて稀だが、連打技の八相発破が至近距離で決まると最高に気持ちいい。 本作の数少ない“まっとう”な侍キャラ。

マルチな戦法で“魅せる”演武を披露する万能役者

photo_image

名前:千両 狂死郎
とにかく技の数が豊富で使い勝手(特に削り)が優秀なものが多い予想を裏切るバランス型。他のキャラと比べて後回しにされがちだが、一度使い方を覚えると抜けられない利便性を持つ。その魅力は歌舞伎の素晴らしさと関心を本当に広めたと言っても過言ではない。

卑怯こそステータス。魔道という名のスターダムにのし上がれ

photo_image

名前:不知火 幻庵
肉転突きによる間合いと奇襲、ボタン連打で体力の3割を奪える中斬り投げ(相手の腹の上で爪を回転させる痛そうな技)は、ぜひマスターするべし。余談だが、妻子持ちながら好きなことで生きていく彼の生き様にはどこか憧れるものがある。

家族への想いを胸に秘め敵の命を静かに砕く、闇に隠れし実力派

photo_image

名前:服部 半蔵
柳生十兵衛と肩を並べる渋さ、貫禄、知名度を兼ね備えた伊賀忍者の長。ガルフォードとは対照的に技は地味だが機動力、攻撃力ともに抜群。レベル設定や怒りゲージなど、条件が重なった、大のモズ落としを喰らうとトラウマ級の威力を目の当たりにする。

体脂肪率に加えて死亡率も圧倒的だった巨漢の盗賊(忍者)

photo_image

名前:アースクェイク
投げ技が一切通じない特長はあるものの、喰らい判定が大きいので、CPU戦では多くのプレイヤーに真っ二つにされたことだろう。彼の投げ技であるスカンクバースト(おなら)で勝負が決した際の精神的ダメージは計り知れない。

次回作で唯一の未参戦となった仮面の勇者(マスク・オフ・ソロ)

photo_image

名前:タムタム
リーチの長さや派手な技に惚れ惚れするが、スローモーションのような跳躍力に翻弄される。癖の強い動きをどう制するかが勇者としての試練であり資質が問われるのではないだろうか。仮面の下に隠された素顔に冷や汗をかいた者もいたであろう。

可愛さ余って愛しさ百倍。罪深きアイヌの天使

photo_image

名前:ナコルル
その人気は公共事業のポスターにまでおよんだSNKの看板ヒロイン。敵に回すと瞬発力に泣かされ、自分で使うとリーチ不足に悩まされる上級者向けキャラだが、彼女の最大のお仕置きは、画面の中から出てきてくれないことではないだろうか。

レバガチャ本編での登場シーン

ROUND1で、江陶が『弧月斬』で喜びを表現したり、柏芽との待ち合わせ場所に赴く際に『いざ尋常に!』と自分を奮い立たせるなど、日常生活で頻繁に使用している。当時の世代であれば共感できる部分もあるのではないだろうか。物語が進むに連れて、新作も含めてそのネタの登場頻度は高くなるだろう。

photo_image

作品資料

sample01

パンフレット(国内)

sample02

ポスター(国内)

sample03

ポスター(海外)

sample04

パンフレット(海外)

sample04

パンフレット(中国)

sample04

設定資料集

アケアカNEOGEOで尋常に配信中!

現代の格闘ゲームと比較すれば、超必殺技や派手な連続コンボこそないが、常に付き纏う一撃逆転の緊張感とキャンセル面における技術介入の楽しさ、何より優れたゲームバランスに古き良き以上の完成度が味わえることは間違いない。

©SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.Arcade Archives Series Produced by HAMSTER Co.※“PlayStation”および“PS4”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。※Microsoft、Xbox One および Windows は米国 Microsoft Corporation および/またはその関連会社の登録商標または商標です。※Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。