文庫版『傘をもたない蟻たちは』2018年6月15日発売! 加藤シゲアキ『傘をもたない蟻たちは』

傘あり土ドラ
魔法の法のiらんど

連続ドラマ化決定!フジテレビ系土曜ドラマ『傘を持たない蟻たちは』 2016年1月9日(土)よる11時40分スタート 加藤シゲアキ『傘をもたない蟻たちは』

NEWS カサアリ最新ニュース

その他のニュースはこちらから

INFORMATION 書籍情報

傘をもたない蟻たちは

加藤シゲアキ『傘をもたない蟻たちは』

2018年6月15日(金)全国発売! 文庫版 文庫判
304ページ
定価(税別)560円
ISBN 978-4-04-106888-5
購入ページへ

加藤シゲアキ『傘をもたない蟻たちは』

単行本 四六判上製 ハードカバー
256ページ
定価(税別)1,300円
2015年6月1日(月)発売
ISBN 978-4-04-102833-9
購入ページへ

STORY あらすじ

誰もが胸に抱える生きづらさを鮮烈に切り取った7編の物語。

染色

充実した学生生活を送る美大生・市村の前に、突如現れた美優。彼女の作品を手伝ううち、美優の天才的感性と不思議な魅力に急速にのめり込んでいく市村。短くて激しい恋と将来への葛藤を極彩色で描き出す。

※初出「小説 野性時代」2014年10月号 発行:KADOKAWA

Undress

エリートサラリーマン・大西はこのまま一社員として一生を終えるつもりはなかった。しかし、脱サラを機に運命の歯車が狂い始める……。男を取り巻く不条理な世界を皮肉たっぷりに書き綴った物語。

※初出「週刊SPA!」2014年9月16日・9月23日合併号〜10月21日号 連載全5回 発行:扶桑社

恋愛小説(仮)

原稿の書き出しと同じことが夢の中で起こる――そんな奇妙な事象に遭遇した男性作家は、理想のタイプの女性を、夢の中に登場させようと試みるが……。夢にはまっていく男をしっとりとした不気味さとともに描いた初恋ファンタジ-。

※初出「ダ・ヴィンチ」2014年12月号 発行:KADOKAWA

イガヌの雨

突然空から降ってきた食べられる宇宙生物のイガヌは、見た目はグロテスクだが超絶美味の内臓を持っている。食べることを祖父から禁止されていた高校生の美鈴は、ついに家を飛び出しその味を体験してしまう。祖父が頑なに反対する真の理由とは。「食」をテーマにした近未来SF。

※初出 「シュシュアリス」vol.5 発行:KADOKAWA

インターセプト

自信家の男が同僚たちとある女を落とせるか賭けをしていた。得意とする恋愛テクニックを駆使して、若くて魅力的なOLに近づく男。彼女の部屋で一夜を過ごすことができるのか。男女の駆け引きに心理サスペンスを盛り込んだ意欲作。

※初出「小説 野性時代」2015年3月号 発行:KADOKAWA

おれさまのいうとおり

夏休みにテレビゲームをしていた俺の前に現れたのは、20年後の世界からやってきた俺だった。彼の忠告に従うことで順風満帆な人生を送る俺は、お礼を伝えに行こうとするが——。「時をかける少女」に捧げた異色のタイムリープSF。

※初出「小説 野性時代」2016年8月号 発行:KADOKAWA

にべもなく、よるべもなく

二人の男子中学生の性と愛、大人になることについての葛藤を、関東の閉塞的な海辺の街を舞台に描く。物語の核となる作中小説「妄想ライン」は、著者である加藤シゲアキが高校生のときに人生で初めて書いた作品で、今回はこの掌編をベースに、さらなる世界観を加えて全く新しく生まれ変わった。本短編集で唯一の書き下ろし作品。

PROFILE/MESSAGE プロフィール/著者メッセージ

加藤シゲアキ

1987年生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。2012年1月、『ピンクとグレー』で作家デビュー。同作は16年に映画化され、大ヒットした。以降『閃光スクランブル』『Burn.-バーン-』(以上、渋谷サーガ3部作)と年1作のペースで執筆を続ける。最新刊は『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』。NEWSのメンバーとして芸能界でも活躍の場を広げ、近年はドラマやバラエティ、情報番組などに出演し、アイドルと作家の両立が話題を呼んでいる。

MESSAGE From 加藤シゲアキ 僕の初めての短編小説集『傘をもたない蟻たちは』が発売になります。
今を生きる人の「生」と「性」をテーマに、6編の物語を書きました。
初の短編小説集ということで、サラリーマンや女子高生を主人公にしたり、
SFやサスペンスなど新しいジャンルにも自分らしく挑戦しています。
実験的に、意欲的に、僕自身もリスタートした気持ちで臨んだので、ぜひ読んでください。

※メッセージは単行本刊行時(2015年6月)のものです。

SPECIAL スペシャル

『傘をもたない蟻たちは』刊行記念特別対談
加藤シゲアキ×朝井リョウ
―僕らが現代<いま>を書く理由―

2012年に『ピンクとグレー』で小説家デビューを果たし、2015年の6月に最新作『傘をもたない蟻たちは』を刊行したNEWSの加藤シゲアキ。 『桐島、部活やめるってよ』のヒットをはじめに、『何者』で直木賞を受賞した朝井リョウ。 今、注目を集める二人の小説家が初めて語り合った。
(こちらは2015年6月4日朝日新聞に掲載された対談の拡大版です。)

RECOMMEND 推薦コメント

何でこんなに、面白いんだ。言葉が持っている本物の孤独の力が心に染み渡る。

園子温さん(映画監督)

―書店員の方からのコメント―

人間という生き物の欲深さと無力さを、繊細かつ美しい筆致でえぐり出す様に、時にぞくりとさせられる

旭屋書店なんばCITY店 義盛理恵さん

生と死、男と女、幻想と現実、永遠と一瞬……この作品には様々な「境界」が描かれている。その観察眼の鋭さが印象に残る、五感で感じる一冊だ

三省堂書店営業企画室 内田剛さん

信じていたもの、信じられていたはずのものに裏切られていくが最後に見えた「自分の居場所」。人の汚さ、悲しさ、優しさが溢れるとてもいい小説でした

谷島屋浜松本店 中土居一輝さん

「作家・加藤シゲアキ」の引き出しの多さを実感するウィットかつバラエティに富んだ作品集!『ピンクとグレー』から作品ごとに色気と渋さを増してきているように思います

SHIBUYA TSUTAYA 内山はるかさん

加藤さんの描く強烈な鮮やかさや、どうにもならない焦燥感がしっかりたっぷりと味わえる贅沢な一冊

くまざわ書店池袋店 荻原万里絵さん

初の短編集ということだが、テーマが多岐に渡り、縦横無尽に文章と世界観を操っている。「イガヌの雨」というSF作品は今の食のあり方だけでなく家族の足元も見つめ直す機会を与えられたようでハッとします

喜久屋書店倉敷店 楫一子さん

ゾッとしたり、ギクッとしたり、ほっとしたり。胸の奥が痛んだり、熱くなったり。それぞれの物語が第一印象から本物へと変わっていく素晴らしい感覚を思う存分味あわせていただきました

明屋書店大街道店 武方美佐紀さん

「恋愛小説(仮)」でPCの中の彼女に夢中になってしまう主人公のように、読者もまたこの一冊に思わず恋してしまうこと間違いなし

ブックスタジオ大阪店 堅田幸恵さん

リアリティある表現の中にも幻想的な世界を描いていて加藤さんらしい作風だと思います。それぞれに一瞬の力と儚さを含み、短編集の魅力を存分に出していて、若い作家さんらしい自由で冒険心のある作品集

丸善丸の内本店 三瓶ひとみさん

読みやすさと濃密な読後感に圧倒された。人間の生々しさ、闇を描く力が素晴らしく、より加速しているようにも感じる。アイドルと作家の両立は可能なのだ!と示す開拓者として書き続けてほしいです

ジュンク堂書店福岡店 横田琢磨さん

LINEUP 好評既刊

加藤シゲアキ『ピンクとグレー』

ピンクとグレー 20万部突破&映画化決定!
2016年新春ロードショー!!
STORY
河田大貴と鈴木真吾は、親友として小学校から大学まで密接した青春時代を送る。雑誌の読者モデルをきっかけにバイト替わりの芸能活動をスタート。真吾がスターダムを駆け上がっていく一方で、エキストラから抜け出せない河田だけが取り残されていく。やがて二人は決裂。二度と会うことのない人生を送るはずだった二人が再びめぐり逢ったその時、運命の歯車が回りだす。

加藤シゲアキ『ピンクとグレー』映画『ピンクとグレー』公式サイト
加藤シゲアキ『閃光スクランブル』

閃光スクランブル アイドルとパパラッチを描く
芸能界インサイドストーリー
STORY
人気アイドルグループ、MORSE(モールス)に所属する亜希子は、自らのポジションを確立できず葛藤しながら、年上のスター俳優・尾久田との不倫に身を任せていた。そのスクープを狙う巧。彼は妻を事故で亡くして以来、パパラッチに身を落としていた。巧と亜希子が出逢った夜、二人を取り巻く窮屈な世界から逃れるため、思いがけない逃避行が始まる——。

加藤シゲアキ『閃光スクランブル』
加藤シゲアキ『Burn.-バーン-』

Burn.-バーン- 「家族」と「愛」の意味を問う、
熱情溢れる青春小説!
STORY
心を失くした天才子役、魔法使いのようなホームレス、愛に満ちた気さくなドラッグクイーン。渋谷で巡り逢った三人は、やがて家族のように互いを慈しみ大切な存在になっていく。家族、愛とは何かを問う熱い青春小説!

加藤シゲアキ『Burn.-バーン-』

DOWNLOAD 壁紙プレゼント

『傘をもたない蟻たちは』14万部突破!
沢山の感謝を込めて、オリジナル壁紙プレゼント!

ダウンロード

傘あり土ドラ