妖怪画:竹原春泉『桃山人夜話 絵本百物語』角川ソフィア文庫 より

書籍情報

キャンペーン

虚実妖怪百物語序・破・急

3冊購入して応募する
抽選で全都道府県各1様名、合計47名様に
京極夏彦先生直筆サイン入り扇子
当たります!

『虚実妖怪百物語』序・破・急の帯についている応募券を各1枚(合計3枚)集めて葉書に貼り、
必要事項を明記の上ご応募ください。
応募いただいた中から全都道府県各1名様、合計47名様に
京極夏彦直筆サイン入り扇子 をプレゼント!

応募締切2017年1月31日当日消印有効

応募要項

応募のきまり
対象書籍の帯についている応募券【「序」「破」「急」各1枚ずつ・計3枚】を郵便はがきに貼り、

をご記入の上、
下記の宛先までご応募ください。

宛先

〒102-8078 株式会社KADOKAWA 「虚実妖怪百物語」係

注意事項
  • はがき1枚につき応募は1口まで。おひとりで複数口の応募が可能ですが、当選は1口のみとなります。
  • 当選者の発表は、商品の発送(2017年3月頃予定)をもって代えさせていただきます。また発送は日本国内に限ります。
  • 商品の譲渡(転売・オークション出品を含む)をしないことを応募・当選の条件とします。譲渡が判明した場合、商品を返却いただく場合があります。
  • 応募に際しお預かりした個人情報は、商品の発送および個人情報を含まない統計的な資料の作成目的のみに使用いたします。

妖怪&登場キャラ100・人気投票

妖怪&登場キャラ100 人気投票開催

物語に登場する妖怪とキャラクターの中から100体(人)をご紹介し
実施した人気投票企画!
多くの皆様の支持を得て頂点に立ったのは!?

    総合ランキング

  • 京極夏彦
    京極さんからのコメント

    いや、喜ぶべきなのかしら。どうなのかしら。よくわかりません。

    みんなの投票理由

    現代に生きる、生ける妖怪かと。大好きです。(ぎんこ さん・女性)

    もう京極先生が好き過ぎる。(ぽん太 さん・女性)

    参謀として常に沈着冷静でいた京極先生が、妖怪たちのらしくない姿を見て「駄目だ駄目だッ!」と声を荒げる様に“妖怪馬鹿”を垣間見れて心打たれました。(佐倉井 さん・女性)

  • 榎木津平太郎
    京極さんからのコメント

    見た目で選ばれたことは疑いようがない気がしますが。こんなルックスとは知りませんでした。

    みんなの投票理由

    また会いたいです。(フレンジー有馬 さん・男性)

    多分、主人公であろうと思われるのに、レオさんや黒さんに存在を食われているところが好きです。イメージしていたよりも、ずっとイケメンに描かれていたことで不憫の度合いがさらに上がってますます好意が持てました。(無月 さん・女性)

  • 平山夢明
    京極さんからのコメント

    活躍した黒史郎、村上健司を抑えてこの男が……世の中はままならぬものです。やっぱりヒドイ。

    みんなの投票理由

    ご本人そのままの語り口。京極先生の描写の秀逸さに圧倒されながら爆笑しました。(たけ子 さん・女性)

    平山の前に平山なく、平山の後に平山なし。最高。(カツシン さん・男性)

  • 4

    黒史郎

    この小説の中でどことなく常識人感と、とばっちり感があるところ。さらに頭にクトゥルーを乗っけている絵面が面白かったため投票しました。(昆布の煮付け さん・女性)

    最初から最後までひたすら困惑している姿がおもしろかったです。興味が出たので、本も買わせていただきました。(寒ブリアキ さん・男性)

  • 5

    學天則(がくてんそく)

    悩みましたが連載の時も腹抱えて大笑いしたので。學天則のつくもがみとか発想が明後日の方向過ぎるものがたんまり出てくる話でほんっと面白くて大好きです。(たつみ さん・女性)

    荒俣先生の『帝都物語』が好きだったので、登場したときは「まさかって感じだがグッと来た」状態でした♪(本当は加藤が候補にあれば投票したかったです(笑))(栖周 さん・男性)

  • 6

    荒俣宏

    冷静でのんびりしつつも頭が切れて、文化に対する情熱、愛情を持っているところがかっこよかったです。現実の荒俣さんも大好きです。(いなば さん・女性)

    決戦前の演説が大変素敵でした。(テラ さん・男性)

  • 6

    豆腐小僧

    可愛くてお馬鹿なところ。京極先生の小説の豆腐小僧大好きです。(チャモ さん・女性)

    ただただ「其処に居る」だけの所が愛しい。(倉持 さん・女性)

  • 6

    レオ☆若葉

    アホで馬鹿だが何処か憎めない感じがこいついい奴だなぁって読んでいてしんみりしてしまいました。(窮鼠ニャーン さん・男性)

    嫌いになれないんですよぅ。(好きとは言っていない。)(彩 さん・女性)

  • 9

    ぬっぺっぽう

    肉の塊が俳諧している姿に萌えますね(げげげ さん・男性)

    朽ち果てた肉が、なんてまぁ可愛らしい姿に。死肉の擬人化だなんて斬新!(ミコシニュウドウミコシタ! さん・女性)

  • 10

    村上健司

    レオさんに対する「バカじゃないの」という言葉に愛を感じた。「ああいうくだらないの書きたいんだよホントは」という台詞で好きになった。(はる さん・女性)

    自ら敵陣に乗り込む男気やレオ☆若葉さんへの容赦ないツッコミが素敵でした。(城 さん・女性)

    人物以外のランキング

  • 學天則(がくてんそく)
    京極さんからのコメント

    荒俣さんと合わせ技だと総合二位とかじゃないですか。學天則は燃えます。ロボットアニソン風テーマソングとか作りたいです。

    みんなの投票理由

    帝都物語が大好きな私としては、学天則が巨大化して動き出すくだりは、たまりませんでした!(かめ さん・女性)

    學天則という存在を、恥ずかしながら知らなかった為、衝撃を受けました!慌てて帝都物語の映画をみてみましたが、荒俣さんの學天則に対する愛を感じました。西村先生、荒俣先生、學天則の三人に投票したいです。(そらくも さん・女性)

  • 豆腐小僧
    京極さんからのコメント

    まあ、唯一の視点人物(妖怪)なので、まあいいかとも思いますが、やっぱり役には立ってないです……。

    みんなの投票理由

    何の役にも立たず意味もないという妖怪の中の妖怪であるところに惹かれます。(かねひきり さん・男性)

    双六道中の時からずっと贔屓です。とにかく可愛い!途中までは人間の誰に投票しようかあれこれ迷っていたのですが、『急』で豆腐小僧が出た瞬間に即決でした。可愛い......。(はす さん・女性)

  • ぬっぺっぽう
    京極さんからのコメント

    こいつ、何もしてないぞ。ダイブしただけじゃないか。何でこいつが。

    みんなの投票理由

    プルプルと歩きながら登場しそうな可愛さ(でもめっちゃ素早いアンド臭い)(蜜柑 さん・女性)

    何も悪さはしない、ただ気持ち悪くて臭いだけというところに哀愁を感じます。(まきまき さん・女性)

  • 4

    蕪のお化け

    丸いフォルムが可愛くて好きです。(渡瀬 さん・女性)

    おっさんと妖怪ばっかりのなかで、一番すべっとしてそうだから。(くろねこ57 さん・女性)

  • 5

    すねこすり

    今うちに住んでいる気がするので。(みもぽん吉 さん・女性)

    私も飼いたい(笑)(きーちゃん さん・女性)

  • 6

    クトゥルー

    妖怪というより神様。(緑熊 さん・女性)

    まさか、こんなメンバーの中に古きものどもが参入するとは!!という、なんかギャップ萌えです。楽しそうだし。(saby さん・女性)

  • 7

    小豆洗い

    小豆をあらうときの ショキ がなんとも言えず好きなのです(ちー さん・女性)

    妖怪の基本だからね。聴覚が視覚をくすぐるのがたまらない。本当は泥田坊がいいんだけどね。悲哀がたまらない。(鉄人 さん・男性)

  • 7

    姑獲鳥(うぶめ)

    京極夏彦先生と言えばやっぱり姑獲鳥の夏です。世界一大好きで衝撃的な本の主題なので。(あきる さん・女性)

    キャラクター変わりすぎ(薔薇十字探偵 さん・男性)

  • 7

    狂骨

    石燕の絵では骨なのに顔が可愛いところと、胸元の骨がボタンに見えて袖の長い服を着ているように見えるところが良いですね。(ふみつ さん・女性)

    何と言ってもビジュアル。素朴な雰囲気が堪らないです。(もずくん さん・女性)

  • 10

    鎌鼬(かまいたち)

    突然切られるなんて怖いけど、なぜか昔からかっこいいと思っている。(HBGC さん・男性)

    うしおととらにも登場した妖怪だから思い入れがあります。(ウサギもち さん・女性)

この特設サイトでは投稿されたキャラクター紹介の中から一部を公開中
これまで投稿されたすべての妖怪&登場キャラクターはInstagramでご覧いただけます

  • Instagram投稿をチェック
  • 投票受付を終了しました

妖怪豆知識、イベントの写真などをInstagramで公開中!

オフィシャルの投稿をもっと見る

Instagram投稿をチェック

ページのトップへ戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2016