西郷どん!

ニュース

  • 10/16
    全国七都市にてサイン会決定!
  • 9/25
    「西郷どん!」特設サイトを開設しました
    「西郷どん!」(上製版・並製版)11月1日(水)に同時発売リリースを発表しました
    「西郷どん!」刊行に寄せて、著者・林真理子さん、ドラマ脚本・中園ミホさんからメッセージを頂きました

サイン会情報

いよいよ11月1日(水)に発売される『西郷どん!』。
刊行を記念して全国七都市にて、林真理子先生のサイン会の開催が決定いたしました。
詳細は主催者HPをご確認ください。
※主催者HPへのリンクは随時更新いたします。

2017年11月2日(木)/鹿児島
場所 ブックスミスミオプシア店
詳細 随時更新いたします。
お問い合わせ TEL:099-813-7012

2017年11月9日(木)/京都
場所 大垣書店烏丸三条店
詳細 随時更新いたします。
お問い合わせ TEL:075-212-5050

2017年11月13日(月)/東京
場所 紀伊國屋書店新宿本店
詳細はこちら
お問い合わせ 上記HPをご確認ください。

2017年11月20日(月)/金沢
場所 金沢ビーンズ明文堂書店
詳細 随時更新いたします。
お問い合わせ TEL:076-239-4400

2017年11月28日(火)/福岡
場所 西鉄ホール
詳細はこちら
お問い合わせ 上記HPをご確認ください。

2017年12月4日(月)/札幌
場所 三省堂書店札幌店
詳細 随時更新いたします。
お問い合わせ TEL:011-209-5600

2017年12月14日(木)/横浜
場所 有隣堂横浜駅西口店
詳細 随時更新いたします。
お問い合わせ TEL:045-311-6265

刊行にむけて

林 真理子 氏

林 真理子 氏(原作)

ただでさえ複雑な幕末で、様々なことに関わっている西郷を描くのは挑戦でしたが、最後まで書ききってやっと理解できました。国が生まれ変わるときには死ぬ者がいる、それをわかっていたのが西郷なんです。未来はどれだけましな世の中になっているだろうと思って死んでいったのに、この後いくつもの戦争を迎え、彼らが目指していた理想の国家に結局たどり着けなかったと思うと申し訳ない、切ない気持ちになる。いま西郷隆盛を描いた意味は、そういうことなんだと思います。

プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)

1954年、山梨県生まれ。日本大学芸術学部卒。86年「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、95年『白蓮れんれん』※1で柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞、2013年『アスクレピオスの愛人』で島清恋愛文学賞を受賞。13年刊の新書『野心のすすめ』は独自の人生論が多くの共感を呼びベストセラーに。そのほか 『葡萄が目にしみる』『ミカドの淑女』『聖家族のランチ』『RURIKO』『正妻 慶喜と美賀子』『我らがパラダイス』、人気エッセイ“美女入門”シリーズなど、小説、エッセイ両分野で活躍中。
※1 タイトルの 蓮 は正式には2点しんにょうです。

中園 ミホ 氏

中園 ミホ 氏(ドラマ脚本)

西郷隆盛はもちろん子どもの頃から知っていましたし、とにかく立派な方というイメージだったのですが、林さんと奄美大島にご一緒したときに初めて「人間・西郷」というものに触れて、これは書いていただきたいなと思いました。
骨太なストーリーに、ただの聖人君子ではない魅力的な西郷が書かれているので、特に終盤は物語にぐいぐい引き寄せられて泣きながら読みました。戦の天才の西郷が、最後に理想の国家に向かい、崩壊していくさまはたまらなかったです。

プロフィール

中園 ミホ(なかぞの みほ)

1959年東京都生まれ。日本大学芸術学部卒。88年にテレビドラマ「ニュータウン仮分署」で脚本家デビュー。その後も「不機嫌な果実」「やまとなでしこ」など、数多くの話題作を生む。2007年「ハケンの品格」で放送文化基金賞と橋田賞を、13年「はつ恋」「Doctor-X 外科医・大門未知子」で向田邦子賞と橋田賞を受賞。14年には連続テレビ小説「花子とアン」を手がけた。本作を原作に、18年の「西郷どん」の脚本を務める。

ライン

西郷どん!刊行情報

西郷どん! 上製版 前編
西郷どん! 上製版 前編/著者 林 真理子/定価 1,836円(本体1,700円+税)/発売日:2017年11月01日
西郷どん! 上製版 後編
西郷どん! 上製版 後編/著者 林 真理子/定価 1,836円(本体1,700円+税)/発売日:2017年11月01日
西郷どん! 並製版 上
西郷どん! 並製版 上/著者 林 真理子/定価 1,000円(本体926円+税)/発売日:2017年11月01日
西郷どん! 並製版 中
西郷どん! 並製版 中/著者 林 真理子/定価 1,000円(本体926円+税)/発売日:2017年11月01日
西郷どん! 並製版 下
西郷どん! 並製版 下/著者 林 真理子/定価 1,000円(本体926円+税)/発売日:2017年11月01日

KADOKAWAでは
2018年大河ドラマ原作「西郷どん!」
原作本・関連書籍などを多数刊行予定!

ライン

内容紹介

なんという目をした男だーー。
吉之助の目を見た者は、誰もがそう呟いた。
下級武士の家に生まれた西郷吉之助(のちの隆盛)は、貧しいながらも家族やのちに大久保利通となる正助ら友に恵まれて育つ。島津斉彬の雄姿を間近に見た吉之助は、いつの日かこのお方にお仕えしたいと焦がれるようになる。時は幕末。夢がかない、藩主となった斉彬の側仕えとなった吉之助は江戸に京都に飛び回る様になった。敬愛する斉彬の死、度重なる遠島、奄美の島で知った初めての愛。激動の幕末を駆け抜け、新たな時代をつくった男の生涯を描く。
並製版(上・中・下)と上製版(前・後編)の二種類同時刊行!

◆初出:「本の旅人」2016年2月号~2017年9月号

ライン